トップ «前の日記(2021.07.07 (Wed)) 最新 次の日記(2021.07.20 (Tue))» 編集

Zephyr Cradle Diary

割とゲームとアニメと小説と漫画の話題が多めの日記です。普段はTwitterがメインの活動場所。

※Google Photoの画像が表示されないことがあります。見つけ次第直しています……。


2021.07.13 (Tue)

[Game] DQX 5.5完走した記録

DQX ver.5「いばらの巫女と滅びの神」が終わりました。過去の日記はこちらから。

ver.1(サービス開始)から9年。細く長くプレイしてきて、ver.5で満足できるエンディングを迎えてしまい、感無量でございます。王道のエンディング。王道だからこそイイんだ。

あの日、エテーネの村に降り立って。主人公ともう1人キャラメイクしたきょうだい(自分の場合は主人公が姉、もう1人を妹にした)と生き別れてから。自分たちの村を滅ぼした冥王と戦い、世界を滅ぼそうとする大魔王と戦い……。竜族の地での戦いを経て、時間旅行して過去のアストルティアを旅して……。そして魔界で魔王とか大魔王とか勇者とか、そういった色んな想いを一身に受けて世界を救う。そんな、本当に長い旅。

長く離ればなれになっていたきょうだいとのお話にも決着が付いて(しかも声優まで付いて!)、最高の盛り上がりを見せてくれたので大満足でした。ver.1~4までの伏線……というよりも、きょうだいの足取りが分かって、本当にこのきょうだいには幸せになってほしいなと思ってしまうのだった。そして何ならver.6で一緒に冒険させてくれ頼むぞりっきー、違った安西。

ラストバトル曲が……という批判が散見されたけども、確かにこの曲かあ……と思わないわけではなかったけれど、ver.1からプレイしていた身としてはここでこの曲か……! という思いだったのでギリギリで「アリ」の部類だったのでOK。そりゃまあ例えば最後にゾーマの曲とかカッコイイだろうけども、それじゃあDQXではなくなってしまうのだよなとも思うので。まあ散々過去作の曲を使っておいて何を今更というのもあるけども。

とにもかくにもDQXは、NPCたちがみんな生き生きとしているのが良い。本当に人間味があるというか、味があるんですよね。それがNPCにも全員声が付いたことで、本当に表現豊かになった。

もちろん主要人物は有名声優が声を宛てていたり、キャラクターのモデルもリッチなんだけども、それ以外のただの魔物とかただの街の人とかのモブにも本当に人間味がある。以前の日記にも書いたけれど、セリフの分量としてはモブも結構な量があって、そういう人たちの演技を聞くのも本当に楽しくて。他のゲームでは飛ばしてしまうセリフもしっかりつい読んでしまう。

なんというか、話を読ませるのが上手いんですよね。えっここでなんでそんなお使いさせるの? みたいな話にもしっかり意味があるし、そこでまた新たな縁が出来たりして。魔界の連中がどんどん好きになってしまうんだよなあ。

今はキャラメイク時にいきなりver.5のお話から開始する選択肢があるらしいのだけれども、是非ともver.1~4の話も読んで欲しい。自宅を手に入れたら家具のおもいで映写機から過去の話を読むことが出来るので……。もちろん1からゆっくりと旅するのも大歓迎だ。なにぶんめちゃくちゃマップが広くてかつ「多い」ゲームなので(FF14の比ではない)、非常に大変なのだけれど。それでも自分の足で歩んでこのエンディングに達せられるのはひとしおだった。

まあでも今のプレイヤーはみんなマジでゴリラなので、昔のコインボス(エンドコンテンツ)なんざサポート仲間だけで倒せるし、ストーリーボスも「弱い」設定にすればさほど難しくもないどころかだいたいサポート仲間が倒してくれるし。気軽に最初からプレイしてくれて良いんだぜ。フレンドになれば、Lvがカンストしたフレンドをサポートに借りられるので無双状態になれます。実際自分もver.5のエンディングまでサポート仲間だけで駆け抜けることができた。

DQXはこの「たまにチャットとか他プレイヤーとプレイすることも出来るけど、基本は1人用のドラゴンクエスト」っていうスタンスが本当に好きなんですよね。めちゃくちゃ緩い繋がり。でもそれがいい。それでいてしっかりと濃厚なドラクエらしいシナリオやシステムをたっぷり浴びることが出来る。いやあ良いですなあ。

もしDQX始めたら是非お声がけください、そこそこ鍛えてるサポート仲間をお貸しできますよ!

そういえばサブクエも色々こなして、現状紹介されているものは「破界篇」以外すべて終わらせた。遅ればせながら神聖碑文も終わらせました。これはver.3のサブクエだったかな……だいぶサボっていた。

サブクエもどれもドラクエらしいというか、ちょっといい話とか、後日談とか、そういったものが多くて良いですね。そうかーこことここが繋がるのかーとかあったりもして面白い。このアストルティアっていう世界を好きになれる要素がふんだんにちりばめられてるなあと。

あとはまだやりきれてない部分をちょこちょことやってver.6に備えていきますかねーというところ。

クリアしてない破界篇をやるのもそうだし、Lv120までカンストさせたのは2職だけなのでもうちょっと出せる職を増やしたいなあとか装備を整理したいなあと思ったり、極致への道標もまだ達成度低いし、常闇の聖戦も全然やってないし(過去に1度だけ挑戦して負けた)、輝晶獣とかほとんど手を出せていないし(一度遭遇したことがあるけど咄嗟のことだったので当然負けた)……。探すと色々やることが残ってるな!

エンドコンテンツはともかくとして、今後もDQXを堪能していきたいですね!