トップ 追記

Zephyr Cradle Diary

割とゲームとアニメと小説と漫画の話題が多めの日記です。普段はTwitterがメインの活動場所。

※Google Photoの画像が表示されないことがあります。見つけ次第直しています……。


2021.07.20 (Tue)

[音楽] FFTのアマオケ演奏会再び。7/25にホーリーストーンオーケストラ演奏会開催

FFTの演奏会が今週末、今回は西方の兵庫にて行われます。

この演奏会では、以前関わらせてもらった楽団星の調べさん(ほしらべ)の楽譜「交響曲FFT」を使用しての演奏を行うとのことです。「交響曲FFT」には自分の編曲も含まれているので、もしかすると演奏されるかもしれない……ということでこちらでも宣伝をば。

もちろん自分が担当した編曲以外も素晴らしい楽譜だし、当然ながらFFTのオリジナル自体が素晴らしいサウンド。そうでなくともFFTの生演奏を聴けるなんてなかなかない機会ですし、西方にお住まいの方は是非とも足を運んで頂ければと思います(感染症対策も忘れずに)。

……さて折角なので自分語りをすると。

「交響曲FFT」の楽譜にはそこそこの思い入れがあります。

自分が関わらせてもらって以降の話になりますが……。2011年3月に大阪で行われるほしらべさんの演奏会向けに、生まれて初めて生オケ譜面を書いたものの、東日本大震災で演奏会は中止。その後、2014年にほしらべとは別団体*1にて初演。2017年には楽譜を改訂+追加しての再演。そして今回、ホーリーストーンオーケストラさんが更にこの譜面を使っての演奏会開催。自分が関わってから実に3回目の演奏になる譜面です。

それがこうして、2011年に中止になって以来ようやく関西で演奏されるというのは、なんとも感慨深いものです。

※過去の記事は以下:

自分がちょこちょこ携わらせて貰っているアマチュアゲーム音楽オーケストラ界隈(長い)の譜面ってのは、だいたいが内製(自分たちで毎回その演奏会のために耳コピして譜面を起こす)なんですが、一度演奏されると再演される機会はまずありません。一回で死蔵することがほとんどです。

楽団視点で言えば、ゲーム音楽を演奏させてもらう手前、ゲームの版元に演奏の許諾確認をしたり(だいたい作品単位ではなく曲単位です)、演奏会の編成に合わせて譜面を起こすため必ずしも汎用的な譜面ではなかったりします。楽団としても流行とか○周年とかに合わせて演奏会をするため、もう一度同じ演目を取り上げることがなかったりもします。

また、他所へ貸し出すとしても、手続きとか借用書とか借用期間とか、コピーどうするとか譜面管理どうするとか……。双方で取り決めておかなければいけない内容が色々とあります*2。また、借りたい! と思っても過去のオケは連絡先が不明になっていることもあるし、そもそも過去の演奏会の演奏はその場で聴いた人以外に2度と聴けないということは、その譜面を借りたいと思えるかどうかを後から吟味する機会すらないんですよね。音源や譜面がどこかで公開されているわけでもないですしね。

そういった事情もあってアマオケの譜面といえば一発もの、ワンオフなんですよね。

そんな中でも、「交響曲FFT」を持つほしらべの団長・蘭星さんは「色んな人たちに使ってもらいたい!」と日々掲げています。それを利用する形になったのが今回のホーリーストーンオーケストラさん……なのだと思います。既に何度も他所の演奏会でも使われているアマオケ譜面なんて、そうそう他にないんじゃないかなと思います(少なくとも自分は聞いたことがない)。良い譜面は何度演奏されたっていいし、色んな団体が演奏したって良いと思うんですよね。それこそクラシックや吹奏楽はそういった文化だし(オリジナルの有無という差はありますが)。こういった機会が増えるのは、本当に良いことだと思います。

長々と語っちゃいましたが、そんな背景があるのが今回ホーリーストーンオーケストラさんの演奏する「交響曲FFT」です。新型コロナで色々ある中でも演奏会開催まで漕ぎ着けることはこれまで以上に大変である……ということは自分も運営に携わっていた先日のテンプルナイツ交響楽団でお察しします。

ご盛会となるよう、東方の地より「エール」「はげます」しております。

*1 テンプルナイツ交響楽団、通称Tオケ。自分は運営としても参加。

*2 そんな面倒な! と思うかもしれないけれど、「公式」に演奏許可を取るということはそれだけしっかりとやらなければならないというのが「責任」なんですよね。公式に許可を取らずにやる同人とは分けて考える必要があるのです。


2021.07.13 (Tue)

[Game] DQX 5.5完走した記録

DQX ver.5「いばらの巫女と滅びの神」が終わりました。過去の日記はこちらから。

ver.1(サービス開始)から9年。細く長くプレイしてきて、ver.5で満足できるエンディングを迎えてしまい、感無量でございます。王道のエンディング。王道だからこそイイんだ。

あの日、エテーネの村に降り立って。主人公ともう1人キャラメイクしたきょうだい(自分の場合は主人公が姉、もう1人を妹にした)と生き別れてから。自分たちの村を滅ぼした冥王と戦い、世界を滅ぼそうとする大魔王と戦い……。竜族の地での戦いを経て、時間旅行して過去のアストルティアを旅して……。そして魔界で魔王とか大魔王とか勇者とか、そういった色んな想いを一身に受けて世界を救う。そんな、本当に長い旅。

長く離ればなれになっていたきょうだいとのお話にも決着が付いて(しかも声優まで付いて!)、最高の盛り上がりを見せてくれたので大満足でした。ver.1~4までの伏線……というよりも、きょうだいの足取りが分かって、本当にこのきょうだいには幸せになってほしいなと思ってしまうのだった。そして何ならver.6で一緒に冒険させてくれ頼むぞりっきー、違った安西。

ラストバトル曲が……という批判が散見されたけども、確かにこの曲かあ……と思わないわけではなかったけれど、ver.1からプレイしていた身としてはここでこの曲か……! という思いだったのでギリギリで「アリ」の部類だったのでOK。そりゃまあ例えば最後にゾーマの曲とかカッコイイだろうけども、それじゃあDQXではなくなってしまうのだよなとも思うので。まあ散々過去作の曲を使っておいて何を今更というのもあるけども。

とにもかくにもDQXは、NPCたちがみんな生き生きとしているのが良い。本当に人間味があるというか、味があるんですよね。それがNPCにも全員声が付いたことで、本当に表現豊かになった。

もちろん主要人物は有名声優が声を宛てていたり、キャラクターのモデルもリッチなんだけども、それ以外のただの魔物とかただの街の人とかのモブにも本当に人間味がある。以前の日記にも書いたけれど、セリフの分量としてはモブも結構な量があって、そういう人たちの演技を聞くのも本当に楽しくて。他のゲームでは飛ばしてしまうセリフもしっかりつい読んでしまう。

なんというか、話を読ませるのが上手いんですよね。えっここでなんでそんなお使いさせるの? みたいな話にもしっかり意味があるし、そこでまた新たな縁が出来たりして。魔界の連中がどんどん好きになってしまうんだよなあ。

今はキャラメイク時にいきなりver.5のお話から開始する選択肢があるらしいのだけれども、是非ともver.1~4の話も読んで欲しい。自宅を手に入れたら家具のおもいで映写機から過去の話を読むことが出来るので……。もちろん1からゆっくりと旅するのも大歓迎だ。なにぶんめちゃくちゃマップが広くてかつ「多い」ゲームなので(FF14の比ではない)、非常に大変なのだけれど。それでも自分の足で歩んでこのエンディングに達せられるのはひとしおだった。

まあでも今のプレイヤーはみんなマジでゴリラなので、昔のコインボス(エンドコンテンツ)なんざサポート仲間だけで倒せるし、ストーリーボスも「弱い」設定にすればさほど難しくもないどころかだいたいサポート仲間が倒してくれるし。気軽に最初からプレイしてくれて良いんだぜ。フレンドになれば、Lvがカンストしたフレンドをサポートに借りられるので無双状態になれます。実際自分もver.5のエンディングまでサポート仲間だけで駆け抜けることができた。

DQXはこの「たまにチャットとか他プレイヤーとプレイすることも出来るけど、基本は1人用のドラゴンクエスト」っていうスタンスが本当に好きなんですよね。めちゃくちゃ緩い繋がり。でもそれがいい。それでいてしっかりと濃厚なドラクエらしいシナリオやシステムをたっぷり浴びることが出来る。いやあ良いですなあ。

もしDQX始めたら是非お声がけください、そこそこ鍛えてるサポート仲間をお貸しできますよ!

そういえばサブクエも色々こなして、現状紹介されているものは「破界篇」以外すべて終わらせた。遅ればせながら神聖碑文も終わらせました。これはver.3のサブクエだったかな……だいぶサボっていた。

サブクエもどれもドラクエらしいというか、ちょっといい話とか、後日談とか、そういったものが多くて良いですね。そうかーこことここが繋がるのかーとかあったりもして面白い。このアストルティアっていう世界を好きになれる要素がふんだんにちりばめられてるなあと。

あとはまだやりきれてない部分をちょこちょことやってver.6に備えていきますかねーというところ。

クリアしてない破界篇をやるのもそうだし、Lv120までカンストさせたのは2職だけなのでもうちょっと出せる職を増やしたいなあとか装備を整理したいなあと思ったり、極致への道標もまだ達成度低いし、常闇の聖戦も全然やってないし(過去に1度だけ挑戦して負けた)、輝晶獣とかほとんど手を出せていないし(一度遭遇したことがあるけど咄嗟のことだったので当然負けた)……。探すと色々やることが残ってるな!

エンドコンテンツはともかくとして、今後もDQXを堪能していきたいですね!


2021.07.07 (Wed)

[Game] SCARLET NEXUS ユイト編クリア~トロコン(ほぼネタバレなし)

というわけで、もう1人の主人公のユイト編も終えて、やりこみもして無事トロコン(トロフィーコンプ)しました。

たとえるならユイト編がラムザで、カサネ編がディリータという感じ。いや通じるのかこの喩え。ストーリーとしては時々交わるもののお互いほとんど別ルートを歩んでいるので、一方で進めている頃のもう一方ではこんなことが起こってたんだなーというのが、2周目では穴埋めされていく感じ。

ユイト編をやって思うのだけど、これカサネ編をやっていないとマジで裏で何が起こっているかさっぱり分からないのではと心配になってしまう。ユイト編は本当に周囲の状況に振り回されてばかりの話なので、結局何がどうだったんだという解答編がカサネ編になるのかなあという気がする。とはいえ最初からカサネ編が遊べるあたり、開発側にプレイ順序の意識はないのだろうと思うのだけれど。

でもそれにしたってユイト編は隠し事が多すぎでは、とユイト編から始めた人が匙投げないか心配になってしまう。

バトルに関しては、やはりユイトのほうが圧倒的に使いやすいですね。スタンダードな近接武器(刀)なので距離感が掴みやすいし、攻撃力もカサネより高めな気がする。あと炎と雷を纏ったときの戦いやすさ(俺つえー感)も良い感じ。アクションに関しては圧倒的にユイト編に軍配が上がるなあと。

あとは自分自身がバトル慣れしてきたのもあるかもしれない。絆レベルがある程度上がると習得するコンビネーションビジョン(L1+右側ボタン)が非常に高威力で転ばせも発生しやすいことに気付いたので、これをバシバシ打って転ばせてタコ殴りするというのが王道の戦術なのだなと分かってからは非常に快適だった。特に大型の敵にはこれを使っていかないとむしろキツい。あるいは透明化が非常に優秀なので緊急回避+反撃に有用で、こちらも頻繁に使っていくとぐっと難易度が下がるなあと思った。

難易度で思い出したけど、このゲーム、難易度変えてもEXP変わらないのね。なんてこった。イージーでやっててもほとんど損しない。

キャラクター面。

ユイト編では特にカゲロウとの関係が非常に良かったですね。どういう因縁があって、それがどう昇華されていくのかは是非見て欲しいところ。カゲロウは特にライターのお気に入りなんじゃないかなと贔屓されてる感すらあるけどまあ浪川だしそれも良かろう、許す。

まあ、それと再三言っているのだけど、ユイトの幼なじみのハナビが本当にかわいい。正統派幼なじみ。カサネ編でも十分にかわいかったけど、ユイト編でやるとひとしおですね。そうだよこれでいいんだよ……こういうのでいいんだよ……かわいいよ……。

あ、あとこれは良いなと思ったのが絆エピソード(いわゆるキャラクエ)。

ユイト編とカサネ編で絆エピの内容が違うのはとても良いですね。単に一人称が違うだけの内容ではなくて、会話する主人公が違うのだから内容も違うという、まあよく考えれば当たり前っちゃ当たり前なんだけども。でもそれによって、キャラクターの見える側面が全く違うのがとても良い。明かされる過去の情報やその先のお話も微妙に異なるので、キャラクターの掘り下げが2周かけて完結するというのは表現がリッチで、ゲームデザインともマッチしていて好きだなあ。

特にハナビやカゲロウのような主要キャラは全く違う見え方がするので良いですね。まあ逆にゲンマとかルカはぶっちゃけどっちのルートでも大差ないんだけども。まあお話や関係性の中核になるようなキャラとそうでないキャラの差は仕方がないネ。キョウカに関してはユイト編でもカサネ編でもギャグ要素が見え隠れして面白い。

そんなこんなで、ひとしきりのトロフィーも取得して、トロコンまで65時間。1周あたり30時間程度といったところ。2周目は強くてニューゲームだったので早かったけれども、やりこみをしたので結果的にだいたい同じくらいになったなと。

総評。

キャラゲー・アクションゲームとしては非常に好み。ただ序盤から恋愛要素をチラつかせたり、メインストーリー中に行動の動機が結局よく分からなかった人たちが居たので、そのあたりでマイナス喰ってるのが惜しいなあというところ。音楽もグラフィックもとても良い。これだけアクション楽しいのにゴッドイーターのようなマルチを付けなかったのも個人的にGood。素直なアクションRPGだからこそ出来た表現なのだろうなあと。それと、どうやらテイルズチームから独立したチームが作ったらしいとのことで、終えてみればその辺りも納得感。

2が出るなら個人的には期待したいところ。このシステムや世界観のまんまで十分好みなので、あとはシナリオ周りをもうちょっとイイ感じになるといいなあ……ってところでした。あとサントラ出してくれ、マジで。

もしネタバレありの感想(公式のアンケートに投下したやつ)に興味ある方は、以下のfusetterをどうぞ。


2021.06.30 (Wed)

[Game] SCARLET NEXUS カサネ編クリア(ほぼネタバレなし)

久々のゲーム日記。スカネクことSCARLET NEXUS。

https://snx.bn-ent.net/

ひとまず1周目を終えて2周目に入ったところ。1周目は取得可能なメンバーの最強武器を取り終えて、30時間ほど。

ダブル主人公のゲームで、最初にどちらの主人公でプレイするかを選択して始める感じ。お話の大筋は決まっているものの、主人公によって所属する勢力が分岐するので、要はどっち勢力でプレイしますかーっていう感じになっている。選ばなかった方ではどんなことが起きていたんだろうか? というのも楽しめるので2度美味しい(はず)。すれ違いだらけのお話だけど。

大臣さんは言うまでもなくカサネ編(右の女の子)から始めました。

初めてPS5ネイティブに作られたゲームをやったのだけれど、最初に驚いたのはやはりR2/L2ボタンのアダプティブトリガー。この2つのボタンで念力を使って周囲のブロックやら車やらを敵にぶち当てて遠距離攻撃できるんだけど、ボタンの押し込みの圧力に変化が起きるんですな。念力でモノを投げようとするときだけ押し込みに負荷が掛かってボタンが押しづらくなる。PS5のコントローラーにこんな機能あったのかと驚いたけど、これはなかなか没入感というかプレイしてるなっていう感じがあるなあと思って面白い。

ただまあ、道端に投げられるものが多すぎるので、歩いてるだけでもコントローラーが常にカチャカチャと小さな音を立ててる(たぶん内部でボタンの圧力を変えてるんだろうと思う)のはちょっと気になるかな……。そりゃこんな機能積んでたら電池の減りも早いわと思ったりもした。

ゲームとしてはアクションRPGの分類かな? 話数ごとに行けるところが増えたり、仲間が増えたり減ったりする。仲間が減るときはだいたいもう一方の主人公側の勢力に行っちゃったりする(ストーリー進行で固定)。

バトルでは、主人公(どっちも)の持つ超脳力は念力で、通常攻撃に加えてそこらへんのモノをぽいぽいとぶん投げて遠距離攻撃もして戦うスタイル。主人公しか操作できないので基本は念力なんだけども、仲間キャラの能力を一時的に借りて炎をまとったり、透明化したり、瞬間移動できたり、透視したり出来るという感じ。敵やステージのギミックもそれらの能力に合わせて作られてるので、プレイしてて楽しい。あーこいつは近寄ると隠れちゃうから瞬間移動や透明化して近づいて殴るのねー、とか。

バトルは全体的に爽快感が溢れてるし演出も気持ち良いので、やってて楽しい。

ただ、なかなかシビアだなと思ったのは主人公が死んだら即ゲームオーバーというところ。1乙でゲームオーバー。稀に仲間キャラが起こしてくれることもあるんだけども、割と起こしてくれないので、HP管理はとても大事。回復アイテムが尽きて死ぬって感じではなくて、調子に乗って殴り続けてたら大攻撃食らって死んだわ、みたいな感じ。回復は怠らないようにしましょう。仲間キャラがちょくちょく回復アイテム使ってくれるので結構自分のHP見てないことが多い。

さて、問題はストーリー。

いや最初に言っておくとストーリー自体は良かった。すべての人間が脳から直でネットに繋がってて脳内コンピュータで色々出来るっていうSFの世界観、どこからともなく現れる怪異に怯えて生きる市民、それを守るための政府や怪伐軍……といった中二病世界設定は大好物だし、大筋の流れもちゃんとダブル主人公向けによく出来てたし、手に汗握る展開もあったし、キャラクターもみんな個性があって良かった。

会話シーンがイマドキ珍しい紙芝居方式(要するに止め絵)なのは、最初は驚きはしたけどもこれはこれでテンポが良いし、変にキャラのモーションを最後まで見る必要もないしで意外とコスパは良いのかもなと好意的に思えるようにはなった。重要なシーンではしっかりモーション付きのシーンになるし、そこからスムーズに紙芝居へ移行したり戻ったりするから、動きのあるシーンがアクセントになって良いのかもと。

で、微妙だなーと思ったのは2点ほど。

1点目は最序盤のお話。

こんだけ良い世界設定を盛り込んでいるのに、冒頭から「いますれ違ったあの人カッコ良かったね~」とか「あの子かわいかったね」とかいきなり惚れた腫れたの話をし出したりとか、怪異に突然街が襲われて逃げまどってるところに軍の有名な人が現れたら「キャー○○さーん!」とか逃げてた住人やNPCが持て囃したりするの、はっきり言って興醒めだった。こんだけ設定盛ってシリアスな話に持ってくのかなとか思ってたらそんな俗っぽいとこ見せられて何??? っていう。

OPで、ゴッドイーターよろしく適合試験みたいなのさせられて、いよいよこれから恐ろしい魔物たちに立ち向かう生活が始まるのだな……と思わせておいてそれかよ、と。なんかもうちょっと良い導入の演出とか、もっとじっくりキャラや世界観を描いてから挟むとか、そういうのを工夫して欲しかったなあ……と思わざるを得なかった。まあ、チャプター3くらいまで耐えればあとはそういうのないので。

2点目は、全体的なお話の描(えが)き方。

メインストーリーに色々詰め込みたいことは分かったのだけど(実際面白いのだけど)、どうにもセリフが噛み合ってなかったり、話題の変え方が無理矢理すぎるところが多々見受けられた。このシーンでこの設定の話をしなきゃならないんだろうけど、この緊急事態の状況でそんな無理矢理な話題の振りしたり、悠長に話したりする!? ってのが多すぎて、ちょっと描き方が急ぎ足すぎるのでは……っていうのが残念だった。テキスト量(ボイス量)に何か制限でもあったのかしらと邪推してしまうレベル。ストーリーがメインなんだからしっかりじっくりと描いて欲しかった。

あとこれは大した話ではないのだけど、会話が常時オート再生+ログがないのが地味に苦痛だった。会話が始まると止められない。止められないのはまだ良いとしても、ログがないので読み返すことも出来ないので理解が追いつかないときがたまにあった。ちなみに2周目に入ってから、スキップボタン押して「スキップしますか? はい/いいえ」のダイアログを表示してる間は会話を止められることに気付いた。

……とまあ文句はこの辺にして。

細かい突っ込みどころはあるにしても、全体的な構成とかキャラの描き方は好きだった。特にキャラごとに用意されている絆イベント(いわゆるキャラクエ)は、各キャラの個性をしっかり描いてくれていた。この絆イベントに関しては話題の振り方が無理矢理って感じもなくてライターが違うのかなとか思っちゃうくらいには安心して読めたし、キャラも好きになれるなーって感で良いですね。

絆イベントは主人公ごとに内容が異なるので、ボリューム的には2倍あるというお得感。カサネ×ハナビと、カサネ×ツグミがめっちゃ好きでした。敵対してる勢力のキャラとも絆イベントが発生してのんきにお茶したりするのは、いっそ振り切っててギャグとして見れたので面白かったです(当人たちは全然ギャグじゃないんだけど)。

他には、全体的にカメラワークが好きでしたね。ストーリー演出の大半が紙芝居ということはつまりカメラが固定されているので、演出としてイイ絵で毎回止まってくれているのが、これがまたなかなか見応えあって好きだった。グラフィックもイイ感じの雰囲気で統一されてたから、一枚一枚が本当に「絵になる」ンですよね。これは思ったよりも面白い表現だぞと。

こういう表現のことを(若干批判の意味を込めて)「紙芝居」って呼んじゃうのがいけないのかも。どっちかというと漫画に近い表現ですね。この↓のスクショとか、この止め絵表現でなければ作れない絵作りだなーと感じる。

なお止め絵とはいえ衣装を変えてると全部反映されてるし、止まったカットからそのまま動くシーンに移行することもあるので、本当に単にシーンを止めてるだけなんだなあと思うとちょっと凄いなって思えた(少なくとも自分は)。

あと、主人公の1人であるところのカサネの性格付けがめちゃくちゃ良かった

この子は無愛想で思ったことをズバズバ言うタイプのキャラなのだけど、実際蓋を開けてみると嫌味かと思われていたのが本心から言っている(例えば「貴方のその能力は凄いんだから」というセリフは嫌味じゃなくそのまま褒め言葉だった)、と周りのキャラが気付き始めてからが面白かった。この子、実は表裏がなくてめちゃくちゃ芯が通ってて、しかも褒めるのが上手い。徐々に変わっていくところの描き方も良かった。無愛想キャラで主人公が出来るのなんてFF7のクラウドさんくらいかと思っていたけど、こういうタイプも居たか! と普通に好きになってしまった。しっかりと主人公してる。

あとこれはどうでもいいんだけど、カサネはデラックスエディションにだけ付いてる赤い衣装がめっちゃ好きです。

そんなカサネ編を終えて、ユイト編(男主人公)をやっているのだけど、ストーリー的にはカサネ編を先に見ておいて良かったなあと感じている。割と話の核心に触れることが多いのはカサネ編かもしれない。ユイト編だと周りで何が起こってるか分からないまま周囲に振り回されて、ストーリーがふわふわしたまま進んでしまってる感じがする……。その点、カサネ編だと目的が一貫してるのでお話はとても読みやすかった。もしユイト編に何か微妙さを感じたら、先にカサネ編をやるのが良いかもしれない……。

でもユイト編は幼なじみのハナビがかわいいので。この子ほんと良い子です。全部好き。

それと音楽は、ペルソナっぽいお洒落な曲だったり、シリアスなピアノ曲だったり、ギターとバイオリンがかっこいいボス曲だったりと、とても良いゲーム音楽っていう感じで良いですね大好物。ただ、デラックス版に付いてきたデジタルサウンドトラックはSteam版以外だとPCに落とせないのが使い物にならなさすぎたので要望を送りつけておきました。何卒よろしくお願いします……。

そんなこんなでたっぷり楽しんでいるスカネク。トロコンまで目指してみようかなーって感じで、ひとまずユイト編を進めていこうかなと思います。それが終わったら、最後に3周目でもう一回カサネ編やって締めようかなー。

ちなみに体験版もありますので興味あれば是非に。

最後に、めちゃくちゃどうでもいい話なんだけど、スカネクの公式サイトのURLが「snx.bn-ent.net」なんですけども、バンナムにSNXって略称使われると咄嗟に「サモンナイト エクステーゼか!?」と変換してしまうサモンナイト民だよ。