トップ 追記

Zephyr Cradle Diary

割とゲームとアニメと小説と漫画の話題が多めの日記です。普段はTwitterがメインの活動場所。


2020.01.15 (Wed)

[Game] 新サクラ大戦レビュー

新年一発目のゲーム感想日記です。祝・サクラ大戦復活。現在2周目をプレイ中。

サクラ大戦は実は2しかやってないし(セガサターン)1つしかED見てない程度の浅いサクラファンなんだけど、それでも今作の新サクラは懐かしさ満載のサクラ大戦って色がとても強い。というかOPから流れる新ゲキテイの仕掛け(イントロとサビが昔のゲキテイほぼそのままに強化されてる)というのですでにやられてしまっているので、全ての演出のこうかはばつぐんだ。

何はともあれ、新花組のさくらがかわいい。なんなのだこのかわいい生き物は。

photophotophoto

幼馴染の正ヒロイン属性に弱いのでドストレートに刺さるし、髪の毛さらっさらなのめちゃくちゃ良いし、リボンがかわいいし、割と一番アホの子で熱血キャラなのでは? って感じも良いし、割とずっと敬語キャラなの自分的にポイントかなり高くて良いし、CVあやねるなのがとても似合ってるし、最高であった。

元のサクラ大戦はというとSRPG付きのギャルゲーだったわけですが、新サクラではPS4になって全体的なグラフィックが格段に向上。バトルパートは無双的なアクションゲームになった。このおかげで自分で光武が操作できるという夢のようなゲームになっているのでありがたい限りです。サクラ大戦と言えばスチームパンクなロボットものなんだから、そりゃあファンとしては自分でロボット操作したいわけですよ。

photo

バトルパートはレベルとか一切なく、ストーリーごとにバトルが用意されているだけ。フリクエみたいなのもない。後で再プレイして高評価を取れば評価を上書きも出来るので、何度も同じバトルをやり込んだりは一応出来る仕様になっている。ストーリー上では操作できなかった花組メンバーを選んで出撃できたりもする。各ステージ・各キャラの高評価を取っていくともらえる報酬(ブロマイド)もあるので、2周目はこれをしっかりと埋めていきたいなーという思い。

ちなみにキャラ性能的には主人公機がもちろん汎用的で使いやすいんだけど、銃を使うアナスタシアが強キャラすぎる。空中の敵も地上の敵もその場から動かずに射撃で全員倒せるのズルいぜあれは。ただアナスタシア操作中は相方の主人公機が棒立ちになるので(遠距離で撃ってると近くに敵が居ないので棒立ちになる)、殲滅スピード重視の世界華撃大戦とかでは主人公機のほうが楽かもしれない。

photo

お約束の「勝利のポーズ」もありがとうって感じ。そう、これなんですよ。

日常パートも、帝劇内を自分の操作でうろつけるし、話数ごと・シーンごとに一般人含め配置や会話が違うから、あの世界観をきちんと楽しめて浸れるのが良い味が出ていた。昔のサクラからゲーム内時間で10年も経つとなかなかに文化や文明も変わっててすげーって色々見てしまう。スマホじみたツールがあるのが一番笑う。

登場人物としては、最初から最後まで司令官として神崎すみれ(旧花組メンバー)が居てくれるお陰で、しっかりとサクラ大戦感が出ていた。旧作やってない人には誰やテメーになるとは思うけど、逆に今回の作りでは旧作との唯一の繋がりみたいな役割だったので、最初にすみれさんが出てくれるのは凄く安心感があった。

photophotophoto

お話の展開とか、キャラ付けとか、随所の選択肢とかは、昭和かよってくらいめちゃくちゃ古臭い。でもこの「わざとらしさ」がサクラ大戦の醍醐味なんだよなーって改めて感じたりした。くっだらないお色気要素とか、「か、体が勝手に!」とか、会話が全然かみ合わねえとか、ストーリーはただの勧善懲悪モノじゃんとか。サクラ大戦ってのはこういうゲームなんだよっていう、いっそアイデンティティのようなものだよねと思う。

ただまあキャラのモーションが過剰だったり(普通そういう会話してる時にそのモーションはしなくない?)とか、こんだけちゃんとキャラ造形良くやってるんだから随所にアニメーション挟むのは勿体なくない? とか(キャラが抱き着いたりとか食事したりとかのモーションがないところを見ると汎用的なモーションしか用意せずに他はアニメに全投げしたのかなと勘繰っちゃう)、BGMを100曲くらい作ったという割にはあんまり曲が記憶に残ってないなーとか(それはそれで一つの解なのかもしれない)、これ旧作やってない人ついてこれないのでは? とか、そういう気になるところがないわけでもない。

でも再始動としては凄く期待させられるものが出来てるので、これをベースにDLCとか次回作とか作っていってもらえると良いなーと、そう思ったりする1ファンなのでありました。

photo

現在は2周目プレイ中。好感度は全部引継いでたり、ブロマイド落ちてるところ全部見えてたりとありがたい。あとはひとまず、こいこい全キャラ勝利と、いくさちゃんでの全バトル高評価達成あたりまではやりたいなーと思ってる次第です。

2周目のキャラルート? 2周目もさくらに決まってるだろ!


2020.01.06 (Mon)

[Game] 2019年ゲームまとめ

おまえ年越ししてから書くなよって話ですが仕方ないんですよこれは年末年始は色々イベントがあってぇ~って毎年そんなんじゃねーか学習してねぇじゃねーかって、ハイ、まあ、そうなんですが。

■コンシューマ(2019年以前からの継続プレイを含む)

  • GE3:無料アプデで徐々にキャラを掘り下げてるのは良いんだけど、そもそも初出時からそのあたりを入れておいて欲しかったという思いが強い。
  • FFXIV:漆黒最高でしたね!! そんな貴方にFFXIVフリートライアルというものが存在する。
  • SAO FB:メインもDLCがなんか尻切れトンボな話で終わってる上に続編が出る気配もないんだけど、今後どうするんだろうか。
  • DOA6:製品版出た1週間後に無料版出すの勘弁してほしかった。
  • ソウルキャリバー6:エディットパーツが過去作の使いまわしばっかりなのでそろそろ新規パーツを作ってほしい
  • DQX:4.xも5.0も良かったのでこの先が楽しみですね!!
  • スパロボT:そういえば未クリア。クリアしたいんだけどやっぱボリュームがかなりあるので大変。
  • PSO2:一応最新ストーリーまでは追っているはずだけど育成は雑。
  • スマブラ:ホームランコンテストがやっと実装されて、そうそうこれだよこれ! 感。
  • CODE VEIN:全エンド見た。トロコンまであとトロフィー1つ。
  • ライザのアトリエ:買って最初だけやっただけで積んでる。
  • DQXI S:本体同梱版買った。でもソフトは未開封。
  • ロマサガ3:トロフィー見て絶望したところで止まってる。
  • 新サクラ大戦:2019年内は未開封だったけど年明けに開封してめちゃ楽しんでプレイ中。

結局一番ドはまりしてるのはCODE VEINなので、FF14漆黒を除くとこれがマイベスト2019ですね。FF14は殿堂入り状態なので語るのは不要かなと。自分のTwitterのログ見ながら、こいつ1年の半分くらいはFF14の話しかしてねーなって思いました。

2020年期待の新作(というかリメイク)はやはり聖剣3ですね。コレクターズエディション注文しました。もはやお布施。

■ソシャゲ・スマホゲー

  • FGO:毎回アプデを楽しみにしているソシャゲNo.1。剣トルフォ宝具5が2019年のハイライト。
  • プリコネR:クランマスターだしそれなりやってますクロエ最推しです。
  • WAミリメモ:結局サ終になってしまった。あれはガチャのシステムが良くなかったネ。
  • ロマサガRS:ベリハが強くて全然進まない。ガチャは回してる。
  • カスタムキャスト:地味に毎月の報酬衣装はちゃんともらっている。
  • イドラ:無料石回すだけのゲームになってしまった。ストーリーは5章くらいまで進めてある
  • FEH:ガチャ回すだけのゲーム
  • とじとも:ランキング報酬のみほっちが欲しくて毎回頑張ってはいるのだけど、報酬ガチャの内容が増え始めてきて狙ったものが狙いづらいのがちょっとなあと思っている。
  • グラブル:アーカルムの簡易探索だけはやってる。あとカリおっさんが来るとガチャを回す。ビカラかわいい。
  • オクトラ大陸の覇者(先行体験版):当選したので。早く正式配信!!!
  • 天華百剣:なのはコラボ最高でしたね!!
  • アナデン:メインまだあんまり進んでないけどイベントはせこせことやってる。今は魔剣の最新のを進めているところ。
  • アズレン:アズレンのお陰でホロライブというものを学びました。
  • ラストイデア:時間泥棒すぎるのですぐ消した。
  • ラグマス:同上。
  • マギレコ:なのはコラボを回すだけ回した。
  • ペンギンの島:アルファベット2ケタになるまで進めたしもうよくない?ってところでやめた。
  • DQウォーク:歩きスマホを誘発させられそうになるのが嫌になってやめた。
  • バリアスデイライフ:面白くはあるんだけどちと作業ゲーすぎるかなと思ってぱたりとやめてしまった。
  • トロパズ:Lv180くらいまでやったと思うんだけど難易度上がりすぎてトロを嫌いになりそうだったのでやめた。
  • FFBE幻影戦争:ガチャ運よすぎて怖いのでガッツリ進めてたんだけどストーリーと育成要素が気に食わない。他は大体良い。
  • ワーフリ:リセマラでカリおっさんを出して以来はあんまりやってない。
  • テイルズオブザレイズ:カノンノsがやっぱり一番かわいいのでは?? と改めて思うマイソロ勢であった。
  • 戦国アスカZERO:なのはコラボで始めたけどなのは以外は全員引いてなのはだけ出なかった。4年も続いてるだけあって割と良く出来てる。
  • うたわれLF:リセマラが終わらない。
  • アクション対魔忍:訓練所がバグで閉じられてるので何したらよいのか分からない。ストーリーは最新までやった。

ということで、なんだかんだちゃんと続いてるのはFGO、プリコネR、グラブル、アナデン、アズレンあたりでしょうかね。スポット的に復帰したりとかもありますが、復帰率が高いのはこのあたりかなと。このあたりはいわゆるカムバックなんとかみたいなのをもらったこともない。

■その他ゲーム

  • ドラクエVR:案の定筋肉痛になった。しかしゲーム体験としては最高だったので全ドラクエファンに体験してもらいたい。
  • FGO脱出:提出直後に最後の罠に気付いたという、超惜しいことをした……
  • 地下鉄の謎2019:クリアは出来たけど最高難易度の問題のヒントが理不尽すぎで未だに納得してない(別ルートでやったけど)

以上。そんなこんなで、2019年も充実したゲームライフでした!

次はゲーム以外のまとめも書きたいところ。


2019.11.05 (Tue)

[Game] DQX 4.5~5.0冒険記

M3秋も終わったし、DQXも5.0の大型パッチが来たので、思いっきりDQX充しました。進行度としては4.4はクリア済みで4.5入りまでした状態からの、5.0配信での再開。実はちまちまとやっていた。

4.xは「5000年の旅路 遥かなる故郷へ」というサブタイなだけあって、物語の舞台はアストルティア各地の時間旅行モノのお話。パッチごとの舞台はエテーネ、グランゼドーラ、オーグリード、ドワチャッカ、プクランド、そしてエテーネという順。オーグリードのオルセコ王国とか、ドワチャッカのウルベア帝国とか、この地域にはこういう時代背景があったのかという世界設定本でもちょこっとしか出てきていないような話を掘り下げてくれるので面白い。ちょっとしたクロノトリガー気分。個人的にはプクランドの話がすごく面白かった。なおウェナの存在はしれっと忘れられている。

舞台がエテーネ中心ということで、主人公の出自に関わる話が多数出てくるのもポイント。めちゃ面白かったです。過去に行ったりする手前、他のパッチよりも登場人物がガシガシ死んだり行方不明になったりするので、なかなかにハラハラさせられる展開だけど、そこがまたとても良かった……。

4.5のエンディングはちょっと寂しいというか切ない感じで、本当にこれで良かったのかなっていう感じが残るものの、そういうのもまたドラクエらしくて良いよねっていう結論。時間旅行のパラドクス的なサムシングは深く考えちゃいけない。ゲームだもの、ドラクエだもの。4.5クリア後に追加されるサブクエは一通りやったほうが良いと思う。

そして10月末に配信された5.0は「いばらの巫女と滅びの神」というサブタイからはさっぱり察せられないけど魔界の話。

大雑把に言えば、「大魔王マデサゴーラが倒されてしまって(2.xの話)、大魔王の座が空席になっている魔界でのいざこざ」が5.0のお話。主人公はそのいざこざで瀕死になり、魔族として生き永らえさせられてる状態になってしまう……。という感じなので5.0始めるとみんな肌の色と目の色が悪くなる。4.5のサブクエやるなら5.0入る前にやったほうがいい。大したネタバレではないので言ってしまうと、5.0クリアすれば元に戻れるので、まあサブクエはそのあとでもいいかもしれない。

パッチ単体で見た5.0の話は5.xシリーズの導入部分という感じで(それでも起承転結はしっかりある)、主要な登場人物と彼らの人間関係や思想の紹介といった感じで盛り上がって終わる。5.0以降のメインストーリーはフルボイス(モブを含む)になったので、すごく盛り上がる。イベントシーンに登場するなら城の門番とかスライムとかモブがみんな喋るのがすごく贅沢な感じ。喋ったキャラ数で言えば圧倒的にモブのほうが多い気がする。

スキルシステムの改修があったり、軽率にスキルブックが大量に手に入ったりと、プレイしやすさは結構上がったように思う。この改修のお陰で全職のレベルを上げる必要がなくなったのは本当に大きい(詳しくはリンク先参照)。

尊みの深いFF14とはだいぶ毛色は違うけど、でも素敵なDQXお話も是非みんなに読んで欲しいので、離れた人も復帰してくれると良いなあと。

個人的にはアスフェルド学園(大規模サブクエ)の話も面白いのでオススメですよ! 長いしドラクエ感全然ないっていうかこれペルソナじゃんって感じすごいけど。新作ゲーム1本分くらいのボリュームがある。

百合百合できるDQXは偉い。ありがとうスクエニ。


2019.11.01 (Fri)

[更新] 表紙ページのデザイン変えました

めちゃ細かい話ですが、表紙ページ(エントランス)のページデザインを刷新してモバイルフレンドリーにしておきました。情報量はあんまし変わってないですが、Bootstrap使ってレスポンシブデザインにしてみた感じです。生のCSSを手書きで書くよりマシかなと。

メインのデータベースであるMediaWikiやここtDiaryもそのあたり対応していけたらいいなと思ったりはするのですが、まあそこは追々ということで……。