トップ «前の日記(2020.06.05 (Fri)) 最新 次の日記(2020.06.22 (Mon))» 編集

Zephyr Cradle Diary

割とゲームとアニメと小説と漫画の話題が多めの日記です。普段はTwitterがメインの活動場所。


2020.06.15 (Mon)

[Game] DQX 5.2冒険記

6月頭にパッチ5.2が実装されて、それ以来なんだかんだでモチベが高いままDQXをプレイしている。なのでちょっとばかしここにまとめておこうと思う。やったことというと、こんな感じ。

  • 5.2までのメインストーリークリア(今でもパッチごとリアルタイムに追ってる)
  • 5.2までのサブクエ(たぶん)全部クリア(完全に放置していたスパや賢者の職クエや、ダークドレアムやトビアスなどの連作も)
  • メインのバトと装備共有する武、まも、踊のレベル上げ
  • 溜まってたメタル迷宮券の消化(まだ10枚以上あるが)
  • チムクエの可能な限りの消化
  • 思いつきでスライムナイト、さまようよろいを新規に仲間にしてスライムナイトをなつき度100越え
  • モンスター格闘場のランクをS(現状の最高?)にした
  • 放置気味だった達人オーブ集めを再開。光と闇があんまり揃ってなかったのでひとまずバト、天地雷鳴士、デスマスを中心に
  • 万魔の塔を触り始めた。ムズい
  • 総プレイ時間が2000時間越えた(FF14も2000時間越え)
  • 前回の記事で書いてるけどアスフェルド学園はすでにクリア済み

普段はFF14の話が多いのだけど、DQXもやはり楽しいのである。音楽がドラクエ、お話もドラクエだから、最高にドラクエ! って感じなんだよなあと噛みしめる次第。

5.2メインストーリーは、バージョン5の中の起承転結の転の位置づけなのだろうか、という終わり方。何を書いてもネタバレになるので触れられないのだけど、いよいよもって楽しくなってきたなあというところ。あとフルボイスなのは本当にありがたいですね……。嫌が応にもテンションが上がるというもの。5.3が本当に楽しみ。

また放置してたサブクエも全部クリアしたけども、どれもしっかり作り込まれているというのがやはりやりがいがあって良いですね……。ただこうして一気にプレイしてみると、サービス初期に実装された職クエはなんとも内容があっさりしてるというか、なんかそれ動機に乏しいなってのもあったりして、DQXも成長してるんだよなあと感じたりした。スパの職クエのおいてけぼり感すごい。一方で、最近のジェニャやトビアス、パクレ警部などの連作サブクエはとても良かったですね! 3話構成に綺麗に収まっててなんだこれ凄いめっちゃ面白いじゃんなんで自分は放置してたんだ……ってなった。リーネさんかわいい。ルビーかわいい。

気付けばエンゼル帽(経験値+200%の帽子)もLv89まで対応になって、やべー自分全然エンゼル帽のレベルに追いつけてない、ってなる。まあつまりもっとレベルあげていいぞ、たっぷり上げていけ……ってことだと思うので、ありがたく恩恵にあやかっていきたい。

5.2で改修された達人のオーブのシステムも、非常に良いね! 石版が廃止されて単純にポイントを振り分けていく感じになったけども、改修されたUIも相まって、職ごとにああだこうだと悩めるというのは本当に楽しい……。ついでに「あ、これまだ持ってないな、取りに行こう」って軽い気持ちで思えるのが良いですな。落とすモンスターも全部出てくれるのが凄く助かる。

ただし、一度も倒したことないモンスターは落とすリストに出てくれないので、ここに来て「全てのモンスターは1度は倒して図鑑に入れておいた方が良い」という必要性が出てきて頭を抱えてる。だいぶスルーしてきたモンスター沢山居る気がする……ということで泣きながら各マップ回ってまだ倒してない「???」になってるモンスターを埋めたりもした。でもいいんだ、それも楽しいんだ。マップ広いから探索は楽しいんだ、アストルティアも。

そんなこんなで大変楽しんでいるところに今朝、この事件ですよ。

2億ゴールド相当のマイタウン権利証当たった。

これは黒塗りの車に轢かれるやつか……? 戸締まりしとこ……