トップ «前の日記(2019.01.21 (Mon)) 最新 次の日記(2019.09.02 (Mon))» 編集

Zephyr Cradle Diary

割とゲームとアニメと小説と漫画の話題が多めの日記です。普段はTwitterがメインの活動場所。


2019.01.23 (Wed)

[音楽] ゲーム音楽オケとのかかわり方

たまにはなんとなく真面目な話を。

自分が属している(と思っている)アマチュアゲーム音楽オケ界隈で、クラシック・ゲーム関係なく色んな楽団に(エキストラではなく)乗り続けている凄腕チェリストのゴローさん。尊敬するプレイヤー(奏者)の1人です。

原作ゲームをあまりプレイされていない方なので、いつも「どうして原作知らないのに乗ろうと思うのだろう?」と疑問に思っていた。普通に考えればアマのゲーム音楽オケはファン活動のひとつだと思っていたので、普段バリバリにクラシックをやられてるゴローさんがなんでこんなサブカルオケに乗ってくれているのだろうと、本当に不思議だった。

でもそのゴローさんが以前言っていた(ツイートしていた)言葉を聞いて、色々と視野が広がったというか、なるほど外側からはそう見えているのだろうかと思うことがあったので、紹介したい。

自分は今でも本当にこの捉え方が好きで、なるほどサブカルの活動にはそういった側面もあるのかなと、そう思えるようになったと思う。

だからどうというわけでもないのだけれど。結局自分にやれることは限られているし、やることが大きく変わるようなこともなかった。ただ、例えば、それまで頭の片隅でどこか非プレイヤーがゲーム音楽オケに乗ることを諌めるような考えを持っていた自分がちょっと変わったような気がしたのは、確かだと思う。「音楽が好きだから」というのは、音楽を演る・聴くうえで最もシンプルな動機だったなあと再認識した次第だった。

まあもちろんゲーム音楽オケに関して言えば、原作を知ることでさらに深く背景を知って極上の体験を味わうことができるのは間違いないことなので、このゴローさんをはじめ原作知らないでゲー音オケに乗る・聴く人へは一様に原作のプレイをお勧めすることに変わりはないのだけど!

と、まあ、そんなお話でしたとさ。

ちなみに他にもこういう素敵な記事を書かれてるので、ついでに紹介しておくのであった。

アンサンブルプレイヤー: ENIGMA VARIATIONS